離婚する時、不動産(マンション)の売却はどうしたらいいか。

  • HOME  >  
  • 社長ブログ  >  
  • 離婚する時、不動産(マンション)の売却はどうしたらいいか。

離婚する時、不動産(マンション)の売却はどうしたらいいか。

離婚する時、不動産(マンション)の売却はどうしたらいいか。

離婚の際、マンション売却でお困りの際はこちら

 

最近なぜか、「離婚」を理由に

不動産(マンション)を売却したいと相談されることが

多くなっています。

不動産(マンション)を購入するときは

夢と希望を頂いて購入し

離婚を前提にして、例えば名義や持ち分を考える人は

いないのでいざそうなった場合、

購入の仕方、所有の仕方によっては

非常に困ることになります。

購入の仕方、所有の仕方は様々です。

 

・ご主人様単独名義またその反対

・ご主人様単独名義でローンは奥様が連帯債務者またはその反対

・ご主人様、奥様のペアローン
(例えば3000万円の住宅ローンを1500万円ずつ
融資を受けてそれぞれが債務者でそれぞれが
連帯債務者になっている場合。)

・キャッシュでご主人様単独名義またはその反対
(実際には現金を半分ずつ出し合っている。)

・キャッシュでご主人様単独名義またはその反対
(ご主人様が全額現金を出している。またはその反対。)

 

様々なケースがあります。
また、離婚する場合、財産分与に関係する財産は不動産だけではなく
現金や有価証券などもあり、つまりは話し合った財産分与の割合によって
分けやすい形でないと揉める又は揉めやすいということです

じゃどうすればいいのか?

 

実際のことろは前にも書きましたが
離婚を前提に結婚することはないので
対策もできませんよね…。

 

でもただ一つ言えることは
売却する不動産を少しでも高く売却することに尽きる
ということです。
それには自信と経験、しっかりとした戦略があります。

 

不動産を高く売却した上で
問題はいろいろあると思います。
さまざま問題があるとおもいますが
プロに相談することで

 

解決方法がないわけでもありません。
当社は銀行や弁護士、司法書士などと
連携して、お話しをゆっくりお伺いし
現状をまず把握して、どうしたいのかを
はっきりお伺いしてから
解決に向けてご相談承ります。

離婚の際、マンション売却でお困りの際はこちらへ

無料査定をお考えの方、
まずはこちらのページをご覧ください