リースバックのお問合せが増えています。

  • HOME  >  
  • 社長ブログ  >  
  • リースバックのお問合せが増えています。

リースバックのお問合せが増えています。

リースバックのお問合せが増えています。

リースバックというワードをご存知でしょうか?

最近ではCMも増えてきているのでご存知の方も

多くなっていますが、改めて説明すると、

 

今まで住み慣れた持ち家に出来れば済み続けたい。

けど、どうしても現金がいる。

 

そんな時に不動産会社が物件を買い取り

それと同時に売主と賃貸借契約を締結し

所有権移転後も売主は賃借人として

慣れ親しんだ家に家賃を払って

住み続けることができる、

新しい不動産取引です。

 

また契約に特約を買い戻し契約を付けることで

特約で決められた価格で

将来買い戻すことも可能です。

 

ただ、デメリットもあります。

それは相場取引するより

随分安い買取価格になることです。

 

それも賃貸借契約の締結に仕方にもより、

・定期借家契約

・普通借家契約

の二つがあり、

普通借家契約は借主が継続を希望する限り

基本的にはずっと契約が更新されるのに対して

定期借家契約には例えば2年と決めれば

2年で賃貸借契約は終了します。

 

リースバックで買い取る不動産会社からすると

単純にリスクを排除することで買取価格をあげることが

できるのですが、普通借家契約だと

いつ空き室になるか分からないので

出口(売却)が見える時期、

またその時期の不動産相場が不透明になり

つまりは”リスク”になるのです。

 

そこで例えば、子供が学校を卒業するまでの間など

時期が決まっていれば定期借家契約にすることによって

リースバックで買い取る不動産会社のリスクは軽減され

買取価格もアップしますし、

 

さらに条件交渉として

・買い取ってもらってからの家賃を安くして欲しい。
安かったら買取価格は少し安くてもいい。

・家賃は高くてもいいから買取価格を高く買ってほしい。

そんな相談や交渉をすることができたり

いろんなご相談を承りできます。

当社はリースバックも得意いしていますし

よくよく話をゆっくり伺うと

リースバック以外にも問題解決できる方法を

模索できたりする場合もあります。

 

売却するしないは別として

この記事を読んだ方は

お気軽にご相談ください、

必ずお力になれると思います。

 

 

 

今すぐ無料査定 MAIL無料査定 LINELINEで相談する数値