一般媒介契約と専任媒介契約の違い

一般媒介契約と専任媒介契約の違い

一般媒介契約と専任媒介契約の違い

不動産を売却する際に迫れる選択。

一般媒介契約

専任媒介契約

 

どちらがいいということではなく

それぞれ一長一短があり、

つまりは違いがあるので

その違い、メリット、デメリットを

しっかり理解して自分の考えや

スタンスに合う選択をすることが

大切だと思います。

 

 

今回はその違いについて

お話しましょう。

 

 

まず一番に一番違うことは

一般媒介は複数の不動産会社に

販売を依頼することが可能。

 

 

それに代わって専任媒介契約は

一社にしか販売を依頼することが

できません。

 

 

ここまで聞いた時に

これを読んだ皆様は

どう思われるでしょうか?

 

 

  • 1社より複数に任せた方がいいやん!
  • 1社だと不安
  • 1社にした方が頑張ってくれそう

 

などなど、色んな意見があると思います。

そしてどれも間違っていないですが

正解とはもしくはそれだけでは

良い選択とは言えないと思います。

 

 

良い選択とはメリット、デメリットを

しっかり理解して、

どちらかを選択して

その自分の選択を信じること

また信じることができることだと思います。

 

 

そして信じるには信じる

”理由”

が必要になります。

 

 

一般媒介のメリットは何でしょうか?

一般媒介のデメリットは何でしょうか?

 

専任媒介契約のメリットは何でしょうか?

専任媒介契約のデメリットは何でしょうか?

 

その答えは!!

なかなか文章では伝えにくいし

大事なことです。

 

 

その選択で

売却の結果、

手元に残る現金が

数百万円変わることだってあります。

本当です。

 

 

できればお会いして

細かな質問に対して

丁寧にお応えしたいですが

コロナ過、

なかなかそういう訳にも

いきません。

 

 

でも今は

LINE

オンラインMTG

どちらも出来ない場合は

電話もあります。

 

 

大事なことは

できれば良質なコミュニケーションで

しっかりお伝えし

納得のいく選択をして貰いたいなと思います。

本当です。

真剣です。

 

 

 

お電話

0120-976-466

 

 

 

 

オンライン相談

 

 

便利な時代になりました。

コミュニケーション方法は

沢山あります。

 

 

でも

個人的に一番のオススメなのは

お会いしましょう。

 

 

一番だと思います。

なんでも聞いてください。

しっかりとメリットとデメリットを

セットでお伝えしたいと思います。

 

 

 

 

 

今すぐ無料査定 MAIL無料査定 LINELINE相談