任意売却後の残債 どうやって返す?

任意売却後の残債 どうやって返す?

任意売却後の残債 どうやって返す?

住宅ローンを残した状態で、今住んでいる家を売却できる「任意売却」。競売と違い、裁判所を通さず一般市場で家を売却できるので、所有者にとって有利な条件で売却を進めることができます。
しかし、任意売却を検討している方に知っておいていただきたいのは、物件を売却したからといって「ローンの支払いから解放されるわけではない」という点です。売却価格がローンの残りの金額より安い場合、引き続き残債を支払う義務が生じます。
今回は、「任意売却後にローンの残りをどう処理するか」について解説。返済方法について正しく理解すれば、任意売却後の新生活をスムーズに進めることができるはずです。

任意売却をしても残債はゼロにならない!

ここで説明する「残債」とは、物件を売却したあとに残ってしまった借金のことです。債務者には、家を売却したあとにも残債を返済していく義務があります。
仮に残債を返却しないと、住宅ローンを滞納したときのように給与の差し押さえなどが発生します。それでも返済に応じないと、自己破産が現実味を帯びることに。そのため、任意売却後の新生活スタートをスムーズに進めるためには、この残債をいかに有利な条件で返済していくかが重要なカギとなるのです。
しかし、「せっかく家を売ったのに、今度は残債の返済に追われるのか……」と落ち込む必要はありません。というのも、物件を任意売却した時点で住宅ローンの残りの金額は相当少なくなっているからです。当然毎月の返済額も少なくなるため、任意売却前よりも生活が圧迫されずに済みます。

交渉次第で残債を減らすことは可能

残債について必ず知っていただきたいのが、「残債は交渉次第で減らすことが可能」という点です。この仕組みについて理解するには、まず任意売却後に起こる「債権者の交代」について理解する必要があります。
物件の任意売却を決めると、債権者が「サービサー」と呼ばれる債権回収会社に変わります。サービサーとは債権を銀行や保証会社などから譲り受け、債権を回収する業者のこと。サービサーは通常、実際のローン残債より安い金額で債権を買い取ります。これは、任意売却をした人の債権は、一般的な債権より価値が低いと見なされているからです。
たとえば、通常であれば1,000万円の価値がある債権を、サービサーは1,000万円以下で購入していることがほとんど。そのため、債務者は債権者であるサービサーとの交渉次第で残債を減らすことが可能なのです。

残債は少額からの返済も可能

物件を任意売却した方の多くは、「残債を毎月いくら払えばよいのか」と気になっているでしょう。一概には言えませんが、一般的に毎月の残債支払い額は「5,000円~3万円程度」と言われています。
毎月の残債支払い額は、任意売却の手続き中に提出する「生活状況表」をもとに決められます。生活状況表には債務者の月々の収支が記載されており、債権者は債務者が毎月無理のない範囲で債務を返済できるよう、毎月の支払額を決めるのです。支払額の交渉は、任意売却業者が行います。
ローンの残りの金額を減らすことができたとはいえ、任意売却を選択するほど経済状況が困窮していた方にとって、月々の残債返済は簡単なことではありません。しかし、毎月の支払額を少額に設定すれば、生活を立て直しながら残債の返済を進。めることができるのです

任意売却時の費用も軽減できる?

任意売却した物件に賃料を払って住み続ける「リースバック(セール&リースバック)」という方法を取らない限り、物件の元の所有者は物件が売却されたあとに引っ越す必要があります。その際にかかる引っ越し費用は決して安いものではありません。
しかし、債権者との交渉次第では物件の売却価格から引っ越し費用を捻出することが可能。引っ越し費用を捻出できれば、手元に残ったお金を残債の返済に充てることも可能です。もらえるお金はしっかりもらい、新生活の再建に役立てましょう。

まとめ

物件を任意売却したあとも、債務者に支払い義務が生じる残債。しかし、債権者との交渉次第で、残債を減額したり、毎月の支払金額を設定したりすることが可能。さらに、引っ越しにかかる費用までも捻出できるケースもあるのです。
残債に関して重要なのは、これらの交渉を信頼のおける専門業者に任せるという点。任意売却について豊富な知識と実績のある業者なら、債務者に有利な条件で交渉を進めることが可能です。
大阪市を中心にマンション売却を行うイーナリンクは、任意売却についても豊富な実績を持ちます。相談者様にご納得いただき、新生活の再建をスムーズに進められる残債返済プランの構築をサポート。住宅ローンの返済にお困りの方は、お早めにご相談ください。

任意売却に関するお役立ちコラム

マンション売却の無料査定はコチラ