手持ちのお金がなくても任意売却はできるの?

手持ちのお金がなくても任意売却はできるの?

手持ちのお金がなくても任意売却はできるの?

住宅ローンの返済が滞りがちで、任意売却をご検討されている方は多いと思います。任意売却には「有利な条件で家を売却できる」「家の売却価格が競売よりも高い」というメリットがあるため、ローン返済のめどが立っていない方はなるべく早く任意売却を検討するのがおすすめです。

しかし、中には「任意売却って手続きにお金がかかるんじゃない?」「家を売っても引っ越しのめどが立てられない……」と不安をお持ちの方もいるでしょう。ここでは、任意売却時に発生する費用や、支払い方法などについてご説明します。結論から言えば、任意売却は手持ちのお金が“ゼロ”でも始められます。

任意売却にはいくらかかるの?

任意売却時にかかる費用は、ざっくり説明すると「滞納した固定資産税と住民税」「抵当権末梢費用」「抵当権解消の書類作成費用」が挙げられます。このほかに、任意売却を依頼した不動産会社に支払う「仲介手数料」、またマンションの場合は「滞納した管理費や修繕積立金」などが必要です。債務者は、家の売却価格からこれらの必要費用を引いた金額を、ローンの返済に充てます。

仲介手数料の詳細についてはのちほどご説明しますが、上記に挙げた費用については、家を売却した金額から後日清算することができます。つまり、任意売却の手続きを行っている最中、債務者の持ち出し金はほとんど“ゼロ”で始められるのです。後日清算OKな費用には、司法書士の先生に抵当権に関する手続きをお願いした際発生する「抵当権末梢費用」「抵当権解消の書類作成費用」も含まれます。

不動産会社に払う「成功報酬」について

不動産会社に支払う任意売却時の手数料は「成功報酬」という体裁を取っています。これは、不動産会社によって相場がある、一律○○万円、のように定められているものではなく、家の売却価格によって決められます。成功報酬の計算式については下記をご覧ください。

売却価格の3%+6万円+消費税=仲介手数料

つまり、家の売却価格が3,000万円だった場合の仲介手数料については、下記のように計算できます。

90万円+6万円+7万6,800円=103万6,800円
成功報酬以外を要求する不動産会社には要注意!

任意売却時、債務者が不動産会社に支払う手数料は成功報酬のみです。しかし、悪質な不動産会社の中には、さまざまな理由をつけて成功報酬以外の手数料を要求してくるものもあります。こうした成功報酬以外の手数料を要求することは、宅地建物取引業法違反なので、こうした手数料を提示された場合は要注意! ほかの不動産会社を探しましょう。

任意売却なら引っ越し代をもらえる可能性が高い!

任意売却には、「引っ越し代を債権者が捻出してくれる可能性が高い」というメリットがあります。引っ越し代はあくまで債権者の“善意”によって捻出されるもので、100%支払われる保証はありません。しかし、ローンの返済が滞るほど経済的に苦しい状況にある方には大きな助けになるでしょう。任意売却後の生活再建も、引っ越し代をもらえない場合よりスムーズに進められるはずです。なお、引っ越し代の相場は10~30万円が相場と言われています。

引っ越し代は、競売の場合ほぼ100%もらえないものなので、任意売却の大きなメリットとして挙げている不動産会社もあります。しかし、中には契約を早く進めようとして高額な引っ越し代を提示する悪徳な不動産会社もあるので、注意が必要です。

まとめ

任意売却では、手持ちのお金がなくても大丈夫! 必要な費用は、後日売却価格から清算されます。むしろ、経済的に厳しい状況にある方ほど、なるべく早く任意売却に踏み切る必要があると言えるでしょう。

とは言え、任意売却は通常の不動産売却とは異なった手順を踏むこともあるので、不動産会社選びが重要になってきます。任意売却の実績が豊富な不動産会社を選ぶようにしましょう。

大阪市を中心にマンション売却を行うイーナリンクは、任意売却の実績も豊富です。また、在籍スタッフは全員ホームインスペクターを保有しており、物件の調査や査定を的確に行えます。大阪市内で任意売却を検討されている場合は、ぜひ当社にご相談ください!

任意売却に関するお役立ちコラム

無料査定で売却価格をチェックしてみませんか?