一括査定サービスのメリットとデメリット<実践編②>

一括査定サービスのメリットとデメリット<実践編②>

一括査定サービスのメリットとデメリット<実践編②>

インターネットで、家の売却や価格を知ろうと検索すると、必ずと言っていいほど検索結果で上位に表示されるのが「不動産一括査定サービス」です。物件情報と利用者の情報を入力することで、複数の不動産会社に一括で売却の査定を依頼することができ、大まかな査定内容がメールで送られてくるという仕組みです。大手や準大手の不動産会社から地域の小さい会社まで幅広く参画していて、査定を無料でしてくれるサービスです。この一括査定サービスは、無料で手軽に査定してもらえるので、売却を考えている人にとって非常に便利なようですが、当然ながらメリットとデメリットがあり、表裏一体です。

 

  <メリットとデメリット②>

「不動産一括査定サービス」のメリットとして挙げられるものに「会社の比較」ができるというものがあります。 不動産売却が成功するか否かの決め手は依頼する「不動産選び」にかかっています。前にもお伝えしたように、不動産会社の多くは依頼を頂く「媒介契約」を結んでしまえば、あとは主導権が不動産会社に移り、時間をかけて売主に価格を下げさせて売りやすくするというストーリを描いています。  

 

売り主にとって重要なのは、依頼する会社を探すこと以上にその会社が依頼後にどのような販売活動を行うか?ということです。これを「販売戦略」と言います。不動産は予定通りに売れる場合だけではありません。また、物件ごとに抱えている問題も様々です。例えば「室内が汚れすぎている」「雨漏りした過去がある」「ほとんど手直しをしてこなかった」などなど、本来その建物は丈夫で堅牢であるのに、どうしても見える部分はお世辞にも素敵な状態とは言えないといった課題をどのように解決して成約に導こうとするのか?まさに、そこにこそ不動産会社の腕の見せ所があると言えます。査定サイトにラインナップする不動産会社それぞれに、どのような戦略を持っているのか?を聞き、最も信頼できる会社を選択することができるのも「一括査定サービス」のメリットと言えるでしょう。

任意売却に関するお役立ちコラム

今すぐ無料査定 MAIL無料査定 LINELINE相談