一括査定サービスのメリットとデメリット<実践編③>

一括査定サービスのメリットとデメリット<実践編③>

一括査定サービスのメリットとデメリット<実践編③>

インターネットで、家の売却や価格を知ろうと検索すると、必ずと言っていいほど検索結果で上位に表示されるのが「不動産一括査定サービス」です。物件情報と利用者の情報を入力することで、複数の不動産会社に一括で売却の査定を依頼することができ、大まかな査定内容がメールで送られてくる。大手や準大手の不動産会社から地域の小さい会社まで幅広く参画していて、査定を無料でしてくれるサービスです。この一括査定サービスは、無料で手軽に査定してもらえるので、売却を考えている人にとって非常に便利なようですが、当然ながらメリットとデメリットがあり、表裏一体です。

 

<メリットとデメリット③>

「不動産一括査定サービス」のメリットとして挙げられるものに「机上査定」という選択肢があります。多くの査定サイトでは、査定依頼をする際に「机上査定」と「訪問査定」という選択肢があります。「机上査定」とは実際に家の中を見て査定するのではなく、まずは情報だけをベースに計算された査定価格です。

それに対して「訪問査定」とは実際に家の中を見て建物の劣化状態なども加味して査定することになりますので、より精度の高い査定価格になります。もし、不動産会社に訪問されることを望まないのであれば、依頼する際に「机上査定」を選択することで直接訪問を避け、価格を知ることができます。不動産会社は必ず「訪問させて頂かないと、正確な価格が出せないので、ぜひ一度お邪魔させてください」と言ってきます。なんとか売り主と会いたいのです。人間というものは、会った人と会ってない人とでは、どうしても差が出る傾向があります。営業マンにとって、なんとか選択される可能性を高めようと、訪問させて欲しいと懇願してきます。

しかし、この「訪問しないと正確な金額が出ない」という表現は嘘だと言っても過言ではありません。なぜなら、建物の状態やコンディションを価格に反映して、査定金額を高くするという会社はほぼないからです。  

ただし、ごく一部の会社では建物の検査(インスペクション)や「瑕疵保険」の活用を提案するような、つまり建物をきちんと評価する会社があります。こうした会社であれば、「訪問査定」後に価格が高くなることもあるでしょう。ぜひこう聞いてください。「訪問してから査定価格が高くなった例が最近ありますか?」「建物の評価はどうやって行いますか?」これにさっと答えられない場合は、先ほど指摘したようなパターンと言えるでしょう。まずは「机上査定書」集めてから、有益な会社を選択した上で訪問を許可するという選択も考えておきましょう。

任意売却に関するお役立ちコラム

今すぐ無料査定 MAIL無料査定 LINELINE相談