大手がよいのか地元が良いのか

大手がよいのか地元が良いのか

大手がよいのか地元が良いのか

<大手だからといって売却に強いわけではない>

売却を依頼するには、大手不動産会社がいいのか、それとも地場でやっている中小の不動産会社がいいのか、迷うところだと思います。まず、大手不動産会社に頼んで得られる唯一のメリットは「信頼感」だと思います。小さな不動産会社はあっという間に倒産してしまうことがありますが、大手不動産会社は財務基盤が安定していますから、多少不景気になってもなかなか倒産することはありません。「何かあった時に対応してもらえる」という安心感はあります。

ただ実際のところ、大手不動産会社の社員は人事ローテーションで定期的にほかの支店に異動します。何か問題があった時に問い合わせても、当時の担当者がいるかどうかわかりませんし、後任者に適切な対応をしてもらえないこともあります。また彼らは1人1人が膨大な案件を抱えています。1人の営業担当者が、常時8~10物件の売却を受け持っている場合もあります。1物件につき4組の購入希望者が現れたとしたら、それだけで32~40組の案内をこなさなければなりません。「面倒くさくて一つ一つの問い合わせに丁寧に対応していられない」というのがホンネではないでしょうか。

では、情報量の面ではどうでしょうか。大手のほうが各地に支店もありますし、多くの情報を持っているような気がします。しかし、そうとも言いきれません。全体で見れば大手の持つ情報量は確かに多いのですが、地域ごとに見れば、大手でも中小でも持っている情報量に差はありません。また、大手しか持っていない情報もあれば、地場の小さな不動産屋さんしか持っていない情報もあります。

 

 

私がおすすめするのは、規模にこだわるのではなく、売却に関するノウハウがある会社に任せることです。購入と売却では、提供するサービスやノウハウが違うからです。例えば、インスペクションや瑕疵保険の提案や、広告戦略など売りやすくするための戦略を考えてくれるなど、売却に特化したサービスを持っている会社です。あるいは、そういった話をした時に、すぐに理解してもらえるような会社であれば、ノウハウがあると判断することができます。

任意売却に関するお役立ちコラム

今すぐ無料査定 MAIL無料査定 LINELINE相談