信頼できる不動産会社の見極め方<その①>

信頼できる不動産会社の見極め方<その①>

信頼できる不動産会社の見極め方<その①>

中古住宅の売却を成功させる要因の8割は、不動産会社選びが握っているとも言われます。
では、信頼できる不動産会社をどう探せばいいのでしょうか。5つのポイントをあげて順次解説していきます。今回は、まず最初の2つを記載します。特に1は国が政策を通じて後押ししている内容で、最低限かつ最重要なポイントです。

 

<1 瑕疵保険、インスペクション、住宅履歴に対応している>

不動産を売りやすくするには、買い主の不安を解消してあげることが大切です。日本が欧米諸国に比較して中古住宅の取引が少なかった原因を国は調査し3つにまとめています。1つが、構造や耐震性などがよくわからない「不安」。2つ目が、他人の使ったものへの嫌悪感である「汚い」というイメージ。そして最後が、どんな建築物で過去にどの部分をどう直したのかが「わからない」例えば、「売った後にどんなトラブルが発生するかわからない」というのも買い主の不安の一つです。瑕疵保険、インスペクション、住宅履歴については別の回に解説しますが、これらの手法を駆使することで、「問題があるかどうかよくわからない中古住宅」を「安心して購入できる中古住宅」に変身させることができます。

<2 売却に特化したノウハウを持っている>

例えば、家の中に家具などの荷物をできるだけ置かないほうが、内覧者に好印象を持ってもらいやすくなります。荷物の一時預かりサービスがあれば、家の中をスッキリと見せることができます。さらに、見栄えのよい家具や家電を置くなど、室内をモデルルームのようにして魅力的に見せる「ホームステージング」という方法があります。このようなサービスの有無で、売却ノウハウがある会社なのかを見分けることができます。

任意売却に関するお役立ちコラム

今すぐ無料査定 MAIL無料査定 LINELINE相談