高値に誘導する不動産会社の思惑

高値に誘導する不動産会社の思惑

高値に誘導する不動産会社の思惑

「目的」と「手段」を混合しない。

 

当社が仕事をする上で、

大事にしている言葉です。

 

これを不動産売却一括査定サイトで置き換えると

こんな風になります。

 

一括査定サイトは一度の入力作業で

複数の不動産会社に査定を依頼できて

各会社の査定額を知ることができる

一見合理的な手段だと思います。

 

ただ一方で不合理なことも生まれます。

それは何かというと

査定を依頼された不動産会社の

本来の「目的」はきっちりと

今仮に売り出すと幾らで売れるかを

しっかり査定することが本来の目的です。

 

ただ、不動産会社から見ると

一度の複数の会社に査定をする特性上

「比較」されることになり、

不動産会社もビジネスでやっている以上

「比較」されたうえで「選ばれる」必要が出てきます。

 

一方で査定をしてもらう売主は

大抵が初めて不動産を売却する方、

つまり不動産取引については素人である方が

プロの不動産会社から自分の所有する不動産について

高く評価をしれてくれたら悪い気はせず

信じたくなる気持ちを利用して

 

例えば3000万円が相場の物件だったとして

明確な根拠なく4000万円で売れますよ!

なとど、本来正確な査定をしないければならないという

「目的」を「手段」にすり替えて

不動産会社の「目的」が

「選ばれる」ということにすり替わってしまうのです。

 

そして選ばれてから徐々に価格をさげてもらう

交渉をしていく前提だったとして

売主様としては如何でしょうか?

不動産を売却するのはほとんどの場合

買い替えをする、引っ越しをする等

理由や期限があります。

 

最初から相場の3000万円前後で売り出せていれば

時期はある程度合わせることも可能です。

それを不動産会社の思惑で

査定をされてしまったとしたら

どうでしょうか?

 

すべての不動産会社とはいいませんが

一括査定サイトで選択される複数の不動産会社の中に

こういう思惑が絶対ないとは否定できないのも事実です。

 

 

でもこのブログをお読み頂いて

「そういうこともあるんだな…。」

と知識の一つとして

想い留めてい置くだけでも

抑止力になると考えています。

 

どんな選択もどんな行動も

自分の知識と情報というフィルターを通して

移るはずです。

 

不動産取引は大きな金額が動きます。

1%の誤差でも数十万円になるのです。

大きな決断をする際はしっかり情報を収集することをお勧めいたします。

 

 

任意売却に関するお役立ちコラム

今すぐ無料査定 MAIL無料査定 LINELINE相談