一般媒介契約と専任媒介契約どっちがいい?

一般媒介契約と専任媒介契約どっちがいい?

一般媒介契約と専任媒介契約どっちがいい?

はじめて売却する方は専任媒介契約をイメージ
2回目の売却の方は一般媒介契約にしたいというご意見が多いです。

はじめての方は専任媒介しかイメージないというのが大多数で
2回目の方が一般媒介を選ぶのは不動産業界の悪しき慣習
両手取引に誘因する為の「囲い込み」が原因でしょう。

↓参考動画↓

でも不動産プロとして断言できます。
専任媒介契約の方が絶対いいと断言できます。

しかし、条件があります。
公明正大に依頼主に誠実であること。
ただ、それだけです。

売却のご相談を賜り、
私はまず業界の仕組やメリットやデメリットをお話した上で
公明正大ご依頼に背を向けることはしません。
ただし、仲介手数料は一切値引きできません。

一方で人当たりがよく相性の良さそうな他社担当者も
捨てがたい、しかも仲介手数料を値引きしてくれるのこと。

お客様はどちらか一社に決めきれないと
一般媒介にしたいとのことでした。

私は折角のご依頼でしたが
一般媒介ということでしたら身を引きますとお伝えしました。
2社の一般媒介なら、その仲介手数料を値引きしてくれる
もう1社の専任媒介の方がはるかに売主様の為になる可能性が高いと思ったからです。

一般媒介のメリットは囲い込みがないということですが
デメリットはエッセンスだけいうと
コントロールできなくなるということと
裸の王様状態になる可能性があるということ。
※その理由や詳細は上記動画をご覧ください。

少し私も感情的になってしまった部分もあったかもしれません。
経営者として大した戦略や思慮もなく、
一番簡単で、一番やってはいけないことをしたくなかったからです。

結果、当社専任をご決断頂きました。
仲介手数料を値引きしない方がよい、
仲介手数料を値引きしない理由を
ご理解いただいたのがご決断の理由だと思います。

一方で大手不動産会社は
ほんの数年前はブランディングなのか
1円も仲介手数料を値引きしない方針でした。

でも今ではほぼすべての大手不動産会社が多少なり
仲介手数料を値引きを実施していると思いますし
ある大手は半額にしていると耳にします。

時代の変化を背景に仲介手数料を値引きしても
会社全体の収支は変わらない”仕組”を
作り上げたからだと思います。

その仕組みの恩恵は
売主様もしくは不動産会社、
どちらにあるのかは疑問符がありますが。。

肝心なところは
仲介手数料が安くても売却価格がそれ以上に下がっては
意味がないですし、

その逆なら仲介手数料は満額お支払頂き
公明正大に誠実な不動産会社というよりは
担当者に託すことができれば
一番良いと考えます。

まずは業界の仕組を知ることが
第一歩です。

任意売却に関するお役立ちコラム

今すぐ無料査定 MAIL無料査定 LINELINEで相談する数値