任意売却後も自宅に住み続けられる!「親子間売買」って何?

任意売却後も自宅に住み続けられる!「親子間売買」って何?

任意売却後も自宅に住み続けられる!「親子間売買」って何?

任意売却は、何らかの状況で住宅ローンを返済できなくなった場合、債務者に有利な条件で家を売却できる手段として知られています。債権者が引っ越し代を捻出してくれることもあり、新しい生活を再建したい人にとって、おすすめの方法です。

しかし、「できれば住み慣れた家から離れたくない……」と思うのが本音ですよね。ここでは、いわゆる任意売却をしたあとにも、家に住み続けることができる「親子間売買」についてご紹介します。

なんで自宅に住み続けられるの?

一般的な任意売却では、不動産会社が買い手を見つけ、債権者の同意を得て不動産を売却したあとは、債務者は家を引き渡す必要があります。一方の「親子間売買(親族間売買)」では、不動産を子ども(もしくは親)に売却するので、形式的に子どもを「所有者」とし、子どもに賃料を払うことで、売却した家に住み続けることができます。

親子間売買には、「家に住み続けられる」というメリットのほかに、「引っ越しをしなくてよい」とうメリットもあります。引っ越し代が発生しないうえ、新しい住居を探さなくてよいので、経済的・精神的な負担を軽くすることができるのです。

債務者としてもまったくの第三者に家を売るよりは子どもに売却したほうが安心できるでしょう。親子間の関係が良好であれば、売却金額でトラブルになることも第三者に家を売却する場合よりは少なく、手続きがスムーズに進む可能性があります。

親子間売買で注意したい点

親子間で不動産を売却し、売却後も家に住み続けられる「親子間売買」ですが、注意したい点もあります。それは、「借り入れ」をする際です。

というのも、自宅や不動産物件を売却する相手が親や子どもの場合、売買の際にローン保証会社の提示する保証の対象にはならない、という決まりがあるからです。その結果、通常の金融機関では「親(もしくは子)の家を購入したい」といった場合、資金を融資してくれることは、ほとんどありません。

もし、不動産の売却先である子ども、もしくは親に十分な財力があり、一括で不動産を購入できる場合はこの心配はあまりありません。しかし、不動産を購入する際、「ローンを組まない」という人は少数派でしょう。とはいえ、不動産の売買が肉親間で行われる場合、融資をしてくれる金融機関は少ないため、売却そのものがスムーズに進まない可能性があります。なお、銀行に融資を断られると、その事実が信用情報に登録され、ほかの融資審査で不利になる可能性もあるので、要注意です。

こうしたトラブルを避けるためには、任意売却の経験が豊富で、親子間売買の実績もある不動産会社に相談することが重要です。自分の考えだけで手続きを進めると、思わぬトラブルが発生するリスクもあるので、気をつけましょう。

親子間売買のデメリット

ここでは、親子間売買のデメリットについて紹介します。親子間売買には、「ローンの借り入れが難しい」という注意点があると前述しましたが、不動産の売却先が子どもの場合、「住宅ローンを組みにくくなる」「贈与税が発生する可能性がある」といったデメリットもあります。

そうしたデメリットから、親子間売買が難しいと判断した場合は、「リースバック」を検討するのもひとつの方法です。リースバックとは、企業や投資家に不動産を売却したあと、賃料を払うことで家に住み続けられる、というものです。もちろん、資金のめどが立てば後々家を買い戻すことも可能。以下で紹介する親子間売買のデメリットを見て、ご自分と家族にとってベストな選択ができるようにしましょう。

子どもが住宅ローンを組みにくくなる

不動産を子どもに売却し、その不動産を購入するために子供がローンを組んだとしましょう。その場合、将来子どもが「マイホームを持ちたい!」となった場合でも、すでに親の不動産を購入するためにローンを組んでいるので、新しく住宅ローンを組めなくなる可能性があります。

子どもの同意が得られない

上記のように、親の不動産を購入した影響で、子ども自身がローンを組めなくなる可能性があります。そのため、子どもに親子間売買を打診しても、断られるケースがあるのです。また、子ども本人が承諾していても、配偶者や親族に反対されて親子間売買が成り立たない場合もあります。親子関係を良好に保つためにも、親子間売買はじっくり話し合うことが求められるでしょう。

贈与税が発生する可能性も

親子間売買では、市場価格より安い金額で不動産を売却すると、「贈与」と判断される可能性があります。その場合、当然のことながら贈与税が発生します。

まとめ

親子間売買には「任意売却後も家に住み続けられる」「親子間の売買なので契約がスムーズ」というメリットがあります。その一方で、融資を受けるのが難しい、子どもが新たにローンを組めない、といった小さくないデメリットもあるので、親子間売買を成立させるためには家族の話し合いが重要と言えます。

そして、もうひとつ重要なのが「不動産会社選び」です。通常の任意売却とは違い、融資を受けるのが難しい場合もあるので、任意売却全般に精通している不動産会社を選ぶ必要があります。

イーナリンクは、大阪市を中心にマンション売却を行っている不動産会社です。任意売却に関する実績も豊富なので、親子間売買を検討中の方の相談もお待ちしています。

任意売却に関するお役立ちコラム

無料査定で売却価格をチェックしてみませんか?