よくある質問

  • HOME  >  
  • よくある質問

マンション売却Q&A

大阪市のイーナリンクでは、仲介・買取・リースバックなど、マンション売却にかかわるさまざまなご相談を承っております。こちらのページでは、そんな当社に寄せられるマンション売却関連の“よくあるご質問”を集めました。Q&A形式で回答を掲載しておりますので、ぜひご覧ください。

Q

マンション売却を検討しています。何からはじめるのがよいでしょうか?

A

まずは当社まで査定の依頼をお申し付けください。マンションのおおよその売却価格を把握できます。

>>関連コラム:不動産の「適正価格」はどうやって調べる?

Q

マンションを査定する際には費用はかかりますか?

A

当社のマンション査定は無料となっております。どうぞお気軽にご相談ください。

>>関連コラム:不動産売却にかかる費用について

Q

仲介手数料の“安さ”で不動産業者を選ぶのはNGですか?

A

あまりにも仲介手数料が安いと、販売活動を業者が十分に行えない可能性もあります。また、不動産業者自身のサービスが悪い可能性もあります。
不動産業者を選ぶ際は、「仲介手数料が安い業者」ではなく、顧客に対し真摯に接してくれるか、販売活動を熱心にやってくれるか、という点を基準にしましょう。

>>関連コラム:不動産売却時の手数料について
>>関連コラム:不動産を売却する場合の業者の選び方

Q

マンションの査定を行う前にはどのような準備が必要ですか?

A

以下の情報をご準備ください。

  • マンションの所在地
  • マンションの状態(居住中なのか空き家なのかなど)
  • マンションの専有面積
  • マンションの築年数
  • 売却予定時期
  • マンションの名義人

>>より詳しい査定の流れはこちらから

Q

マンションを査定したあとは売却をお願いしなくてはなりませんか?

A

そのようなことは一切ございません。マンションを売却するかどうかはあくまでお客様のご判断となります。他社との比較や参考価格を知りたいといったご要望にもお応えしますので、遠慮なくお申し付けください。

Q

マンションの査定額が算出されたら、その価格でしか売却できないのですか?

A

売却価格はお客様とご相談のうえで決定いたします。なお、当社はプロの目線による精度の高い査定を行っておりますので、その価格から大幅に高く設定されますと、購入希望者が見つかるまでに長い時間がかかる可能性がございます。こうした点も踏まえて適切なアドバイスを差し上げますので、まずはご相談ください。

Q

近所の人にマンション売却を知られたくありません……。

A

当社ではお客様のご要望に合わせてプライバシーに配慮した売却活動を行います。チラシ広告やポスティングなどを控えるなど、ご要望に合わせた対応を行いますのでご安心ください。

Q

マンションの売却活動の内容について具体的に教えてください。

A

地域密着という特性を生かし、幅広いネットワークを使った売却活動を行います。ご要望次第では、新聞折込やポスティング、オープンハウス開催なども可能です。

Q

マンションの売却活動にかかる広告料などは売り主負担ですか?

A

マンション売却にかかわる報酬は仲介手数料のみです。一部、お客様のご要望に応じて特別な広告を打つこともございますが、その際には実費をご請求させていただくことなど、事前に許可を頂戴いたしますのでご安心ください。

Q

マンション売却の前にはリフォームが必要になりますか?

A

リフォームによって売却がしやすくなる可能性は十分にございます。ただし、必ずしもリフォームが最善とは限りません。当社から売却方針に関する詳しいご説明やアドバイスを差し上げますので、ぜひご相談ください。

Q

マンションを売却する際は、引っ越しを先にしておくべきですか?

A

対象の物件に住みながら売却活動を行うお客様がほとんどです。ただし、購入希望者様が内見に来られることがございます。その際は恐れ入りますが、ご協力をお願いいたします。

Q

マンション売却が決まった後、引っ越しはいつまでにすればいいですか?

A

引っ越しのリミットは、「残代金決済日の前日」です。残代金決済とは、不動産の売却代金から手付金を引いた金額を受け取ることを意味します。残代金の決済は物件引き渡し日に行うので、より正確に言えば「物件引き渡し日の前日」が引っ越しのリミットと言えます。
とは言え、これは“最終的な”タイムリミットになるので、余裕をもって引っ越し準備を行うのがベストな選択と言えるでしょう。

>>関連コラム:物件引き渡し時までの準備、何をすればいい?

Q

少しでも高い価格で売却したいのですが、どうすればよいでしょうか?

A

高い価格でマンションを売却するためには、その価格を払ってもいいと考える購入希望者様を見つけることが大前提です。そのために当社では幅広いネットワークなどを駆使した売却活動を行います。お客様のご要望に可能な限りお応えできるよう努めます。

Q

マンションを売ったあと、代金はいつ支払われますか?

A

一般的に、売却代金は契約時と引き渡し時の2回です。なお、契約時の支払いは総額のおおよそ5~10%で、残りが引き渡し後に支払われるのが一般的です。

Q

マンション売却にかかる費用を教えてください。

A

条件にもよりますが、印紙代や司法書士への報酬、利益に対する課税などがかかります。

>>売却の諸経費に関する詳しい説明はこちら

Q

マンションの買い替えを検討していますが、売却時の注意点にはどのようなものがありますか?

A

買い替えの場合は、新居購入と売却のタイミングを合わせるのが大切です。たとえば、売却がうまく進んでも、新居が完成していなければ仮住まいの賃料と二重の引っ越し費用がかかります。こうしたことがないよう、適切な売却プランをお伝えするのも当社の役割です。

Q

転居先がまだ建設中のタイミングでマンションが売れてしまった場合は、仮住まいを用意するしかありませんか?

A

状況次第ですが、買い主様に交渉し、入居を待っていただくことも可能です。ただし、一番大切なのは最適なタイミングを見計らうことです。念入りにプランを錬りご提案を差し上げますので、ぜひ当社までご相談ください。

Q

不動産が売れました!確定申告をした方がいいらしいですが、やり方がわかりません。

A

確定申告とは、1年間の「収入」と「支出」に応じた所得税の金額を税務署に申告することです。必要な書類を揃え、申告用紙に記入して、郵送、持参、e-Taxなどで税務署に提出します。
確定申告の時期に設けられる確定申告の臨時会場で、必要な書類の揃え方や申告書の書き方の相談にのってもらえます。その場で申告用紙を作成できる会場もあります。

>>関連コラム:不動産が売れた!でも確定申告ってどうするの?

Q

不動産を売ったとき、税金が安くなる「3000万円控除」ってなんですか?

A

不動産を売却すると「譲渡所得」に応じて「譲渡所得税」と「復興取得税」を支払いますが、「譲渡所得」は、売却価格から購入時の価格、手数料を差し引いたものになります。マイホームを売却した際は、さらに最高3000万円の控除額を差し引いた金額になるため、「損失」が発生して税金が戻ってくる場合もあります。税金が安くなる、と言われているのはこのことです。

>>関連コラム:不動産売却「3000万円控除」って何?

Q

不動産売却には、消費税って関係ありますか?

A

結論から言ってしまうと、消費税がかかるものとかからないものがあります。
まず、個人で売却した「土地」、「建物」には消費税はかかりません。しかし、売却した土地に地下型の車庫などがある場合、車庫は「設備」とみなされ、課税対象となります。
また、不動産業者への仲介手数料、司法書士への謝礼などは、サービスに対して「対価」を支払ったこととなり、課税対象となります。

>>関連コラム:不動産売却で消費税ってかかるの?

Q

不動産を売るとき、どのくらい税金がかかるかが気になります。

A

不動産売却時に必要な税金は、必ず支払う「印紙税」と「登録免許税」、利益が出たときのみ必要な「譲渡所得税」と「住民税」があります。2035年までは、「復興特別所得税」も必要です。それぞれの税金の金額は、売却・取得時の金額や、手数料などにより変動します。
いくら支払うか心配な方は、不動産売却の経験豊富なイーナリンクまで、お気軽にご相談ください。

>>関連コラム:不動産売却で税金はいくらかかるの?

Q

マンションが売れたので、確定申告をしようと思います。必要な書類はなんですか?

A

確定申告で提出する書類は、税務署で「確定申告の用紙」、「譲渡所得の内訳書」、売却した不動産のある自治体で「戸籍の附票」、法務局で「土地・建物の全部事項証明書」を入手し、提出します。
また、不動産購入・売却時の「売買契約書・建築請負契約書」、「諸経費(登記費用など)の領収書」、「仲介手数料の領収書」のコピーの提出が必要です。

>>関連コラム:不動産売却後の確定申告、どんな書類が必要?

匿名OK!3秒無料査定 無料査定を今すぐ依頼する